子育て

高校受験

受験の時に親が心がけると良いこと⑤本人の特性に合った学習スタイルを見つける

「塾に行くのが当たり前」「塾に行かないと良い高校に合格できない」、それが世の中の常識になっていますが、それは果たして本当でしょうか?自分の経験などをもとに塾に行くメリット・デメリットを真剣に考え、話し合った結果、息子は塾に行かず超難関私立高校に合格することが出来ました。常識を鵜呑みにせず、本人の特性に合った学習スタイルを選択する方法もある、ということを解説しています。
高校受験

受験の時に親が心がけると良いこと④

子供が受験勉強に励む期間、子供も親もナーバスになりがちです。しかしメンタルを整えたり、子供との良好な接し方を意識して過ごした結果、非常に良い効果がありました。息子と自分の経験を通して役に立った思考などをシェアしたいと思います。
子育てと心理学

食事と子育てとメンタルヘルス

はじめに 子供の食事に関して 悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。 食事は毎日のこと。 野菜を食べてくれない、食欲にムラがある、 頑張って料理を作っているのに食べてくれない、など 気にしていたら本当にストレスが溜ま...
高校受験

受験の時に親が心がけると良いこと③

子供が受験勉強に励む期間、子供も親もナーバスになりがちです。しかしメンタルを整えたり、子供との良好な接し方を意識して過ごした結果、非常に良い効果がありました。息子と自分の経験を通して役に立った思考などをシェアしたいと思います。
哲学

勉強は良く生きることの土台となる ニーチェ

「なぜ勉強しないといけないのか」「これが将来の役に立つのか」と疑問や不満を持つことがあると思います。私たち大人も通ってきた道ではないでしょうか。そのような疑問を投げかけられた時、明確に答えられるでしょうか。哲学者ニーチェがそれに対し、回答となる文章を残してくれています。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること⑦

ただ機嫌よくいる、いろんなことがある世の中や家庭において、それはかなり難しいことと思われるかもしれません。「怒らされているのではない、自分で感情のスイッチを押している」と昔聞いた時は全く理解ができませんでした。しかし日々の意識によって変わることができました。機嫌よくいることは子供にも自分にも良い影響ばかりです。
高校受験

受験の時に親が心がけると良いこと②

子供が受験勉強に励む期間、子供も親もナーバスになりがちです。しかしメンタルを整えたり、子供との良好な接し方を意識して過ごした結果、非常に良い効果がありました。息子と自分の経験を通して役に立った思考などをシェアしたいと思います。
高校受験

受験の時に親が心がけると良いこと①

子供が受験勉強に励む期間、子供も親もナーバスになりがちです。しかしメンタルを整えたり、子供との良好な接し方を意識して過ごした結果、非常に良い効果がありました。息子と自分の経験を通して役に立った思考などをシェアしたいと思います。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること⑥

子供と接していると、アドバイスをしてあげたくなりますよね。しかし、そのアドバイスは本当に必要でしょうか?子供たちはそのアドバイスをどこまで聞いているでしょうか?口うるさく言えば言うほど子供も親もストレスが溜まります。その上、残念なことに、内容は聞いていないか受け入れていないことがほとんどです。そんな状況にならないためにできることはなんでしょうか?
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること⑤

忙しい毎日の子育てで、「待つ」「見守る」ことは意外と難しいのではないでしょうか。 私も身に付けるのは容易ではありませんでした。 しかし難しい分、その価値があったと今認識しています。 「待つ」「見守る」ことで子供の自立心・成長意欲を育むことが出来ます。 記事の内容が少しでも何か参考になれば幸いです。
子育てと心理学

赤ちゃんとの毎日が辛いと感じたら《子育て》《0歳〜6歳》

赤ちゃんが小さいうちは、とにかく無理をしない、 自分をまず大切にすることを優先してください。 初めての子育て、出来ないことがたくさんあって当たり前です。 一人で抱え込まないで、困ったら早めに助けを求めてください。 どうか頑張りすぎないでください。自分の経験を元に書きました。少しでも参考になれば幸いです。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること④

苦手なことを克服しようとするより、その子の持って生まれた良い面を見つけ・褒め・伸ばす、これが才能を開花させる秘訣です。短所というのは短絡的なものの見方にすぎないのかもしれません。ある人にとっては短所に見え、他の人からは長所と見られることだってあります。良い面に注目することは、子供にとっても親にとっても有益な方法です。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること③

子育ての悩みを教育事業に携わる70代の大先輩に相談した時に言われた言葉、「自分の子供の時のことを思い出してごらん。」1つの悩みに対する具体的なアドバイスではなかったので、言われた時はすぐに意味を理解することは出来ませんでした。しかし、子育てのあらゆる場面で自分の子供の時のことを思い出すと、子供達にどう接したら良いのかが分かるようになりました。その内容について書いています。 自分の経験と共に綴りました。少しでも何か参考になれば幸いです。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること②

子供の話に耳を傾ける、向き合って真剣に聞くというのは、忙しいお母さんにとって至難の業です。しかし1日数分でも良いからそれをすることで、親子の信頼は構築されていきます。子供と向き合うことの大切さを、自分の経験と共に綴りました。少しでも何か参考になれば幸いです。
子育てと心理学

親子関係を良好にするために親が出来ること①

「ありがとう」「ごめんね」すごく当たり前の簡単な一言ですが、言えていますか?自分の子供と言えど、一人の人間であり、尊重されるべき貴重な存在です。忙しい日常を過ごしていると、身近な人への丁寧な態度を怠ってしまうこともあると思います。しかし、親子関係を良くすることは子供のためでもあり、自分のためでもあります。伝えるべきことを伝えることの大事さについて書いています。
シェアする